栃木県の佐野市でショッピングと佐野ラーメンを堪能しよう!

グルメ

栃木県といえば、東日本のなかでも多くの観光スポットを有する県。

栃木県の地図を見ると、西には世界遺産のある日光、北には避暑地として人気の那須高原、中央には餃子が美味しい宇都宮。

 

「ん?東と南には何があるの?」という疑問を持った方!

穴場の観光地がたくさんあります!

今回は、南部(正確には南西部)の佐野市にスポットを当てたいと思います。

佐野市観光

佐野市は、栃木県南西部の市です。

佐野市を訪れる人々は、年間800万人を超え、ますますの地域活性化に期待大!

地域にある観光資源を「佐野ブランド」として認め、大切にしています。

佐野市を語るうえで、欠かせないスポットといえば、やっぱり佐野プレミアム・アウトレット!

そして名物佐野ラーメンです♪

佐野プレミアム・アウトレット

2003年3月にオープンのショッピングモール。

175店舗のショップが入っています。

「佐野プレミアム・アウトレット」の存在は、佐野市にとって大きいです。

大きな規模のアウトレットのなかで、都心からも比較的近く、日帰りで行ける^^

 

周辺道路、駐車場がいつも混み合っているイメージです。

とくにお正月のバーゲンセール、福袋の時期は、大渋滞!

周辺道路のかなり手前から車の列ができてますよ。

お正月にいかれる方は、渋滞・混雑に要注意!

お店の外(敷地内)で、ワンちゃんを連れて歩いている人もよく見かけます。

ご近所の人にとっては、お散歩コースにもなっている憩いの場なんですね^^

【所在地】栃木県佐野市越名町2058

【アクセス】東北自動車道「佐野藤岡IC」から一般道で約800m

【営業時間】10:00〜20:00

【休業日】年1回あり 2月第3木曜日

※ 季節によって営業時間の変動の可能性あります。

※ 佐野プレミアム・アウトレットのお知らせ、店舗情報などは公式ホームページをご確認ください。

公式ホームページはこちら

佐野ラーメン

佐野市といえば!

佐野ラーメンは全国的にも有名なのではないでしょうか?

醤油ベースのあっさりしたスープが特徴で、一度食べたら、また食べたくなります(笑)

佐野市内には、佐野ラーメンのお店がたくさんあります!

そのなかで今回は、私自身が行った2店舗を紹介させてください♪

 

麺屋ようすけ

佐野市に行ったときに「せっかくだから佐野ラーメンが食べたい!」と、インターネットで検索したとき、評判が良かったのがココ。

店舗に着くと、人だかりが!・・・有名な人気店だったのです!

整理券を受け取り、店先のモニターで、自分が何番目に呼ばれるか、今何番まで呼ばれているか、あとどのくらい待つかが確認できます。

また、整理券のQRコードをスマホで読み取っても確認できますので、車の中などお店から近いところで待っていても大丈夫です。

1時間ちょっと待ちましたが、スマホで順番が確認できるため、同じ場所でずっと並んで待っている必要がないので、待つことがそんなに苦ではなかったです。

麺のメニューは、チャーシューメン、メンマラーメンなど6種類くらい。

私は一番シンプルな「ラーメン」を食べました。

澄んだスープと、コシのある麺!・・・食べてみて、すぐにここが人気店ということがわかりました!

どのラーメンにもチャーシューが入っているのですが、すっごく柔らかくて、味が染みてて、美味しかったです♪

 

【メニュー例】

  • ラーメン 580円
  • 創作の塩ラーメン 630円
  • ニンニクラーメン 630円
  • チャーシューメン  830円
  • ワカメラーメン 680円
  • メンマラーメン 680円

※ 金額は、全て税抜き価格です。

【所在地】栃木県佐野市田島232
【営業時間】平日11:00〜14:30、17:00〜21:00 土日祝日11:00〜21:00
※ 麺・スープがなくなり次第、営業終了です。
【定休日】火曜日(祝日の場合は翌日)

 

coconora(ココノラ)

私が佐野ラーメンの本場で初めて入ったお店です。

佐野に行ったときに、数ある佐野ラーメンのお店の中で、どこで食べようと迷っていたところ、道にあった大きな看板を見て、行ってみることに。

まず、お店の造りがオシャレ。

普通の1階の席もありますが、半地下のようなところに個室がありました。

メニューは多種多彩で、佐野ラーメンの専門店というよりは、洋食やどんぶりもの、定食のメニューが多いです。

私は、佐野ラーメンの「しょうゆラーメン」を食べました。

インスタント以外で佐野ラーメンを初めて食べたので、本場の麺の柔らかさに驚きました。

最初は正直、「え?こんなに麺柔らかいの?」と思いましたが、時間が経つと、また食べたいな、と思うのです(笑)

あっという間に食べてしまいました!

 

【メニュー例】

  • しょうゆラーメン 664円
  • しおラーメン 664円
  • チャーシューメン 936円
  • きのことおろしのハンバーグセット(レギュラー) 1,391円
  • ビーフシチューのオムライスセット 1,664円
  • ビーフドリアセット 1,573円
  • ロコモコ丼 1,391円
  • エビフライ定食 1,664円

※ 金額は、全て税抜き価格です。

【所在地】栃木県佐野市上羽田町394-2
【営業時間】11:30〜14:30、17:30〜21:00
※ 14:30〜17:30はラーメンのみで営業しています。
※ 麺・スープがなくなり次第、営業終了です。
【定休日】水曜日

ここに寄っておきたい!佐野市観光物産会館

佐野市に観光に来たのであれば、寄っておきたいのがココ「佐野市観光物産会館」。

佐野市のお土産が買えます。

佐野市や栃木県のお菓子、地酒、ご家庭で味わえる佐野ラーメン、さのまるグッズなど多種多彩ですよ。

佐野市の観光案内のパンフレットも充実しているので、佐野市に観光情報の収集にも最適な場所です!

【所在地】栃木県佐野市金井上町2519
【営業時間】9:00〜17:00
※当面の間、短縮営業
【定休日】年中無休(不定休あり)

 

※ 掲載のメニュー内容・金額、営業時間や定休日などは、変更になる可能性がありますので、ご来店の際には店舗にご確認ください。

まとめ

  • 佐野市は、栃木県の南西部の町。地域活性化に力を入れているため、まだまだ魅力が発掘されそうです。
  • 佐野プレミアム・アウトレットは、都心から日帰りでも行きやすい大型のアウトレット。
  • 佐野市に来たら、あっさりしたスープが特徴の佐野ラーメンを!

 

初めて佐野ラーメンを食べたとき、スープの透明度と麺の柔らかさに驚きました。

正直、それまで私は、かたい麺のほうが好みだったのですが、佐野ラーメンは美味しくて、また食べたくなるのです。

「佐野プレミアム・アウトレットでお買い物をして、佐野ラーメンを食べて帰る」都心からでも日帰りで、このプランが叶います♪

 

栃木県は、羨ましいほどに観光スポットがあります。

日光や那須高原は有名で、よく取り上げられていますが、佐野市のように魅力あるスポットがまだまだたくさんありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました