白神山地の散策・トレッキング情報! 服装は? クマは出没するの?

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

前回の記事で、もののけ姫の世界が広がる「白神山地」の魅力をお伝えしましたが、今回は実際に白神山地で散策・トレッキングをする際の注意点についてご紹介します。

私は今回、約2時間で山中をまわる散策・トレッキングツアー(ガイドさん同行)に参加してきたので、その時の経験をもとにオススメの服装や、必須だと思った持ち物、多くの方が気になるであろう服装やクマさん(!)事情などについて書いていきます。

今回の記事は、登頂を目的とする「登山」ではなく

あくまで山中を散策するライトなトレッキング

をする際の参考記事としてご覧くださいね♪

スポンサーリンク

散策・トレッキング時の服装や持ち物は?

オススメの服装

私が白神山地を訪れたのは8月下旬頃で、気温は30℃ほどありました。

(例年の同時期の気温は25℃前後らしく、2020年の夏は特段暑かったみたいです…)

私が訪れた時はくもり時々晴れ、という天気で、太陽が照っている時は汗ばむくらいの体感温度でしたが、服装は長袖&長ズボン

山中は色んな虫がいるので、極力肌を出さないような服装を心がけました。

季節によって気温が異なるので、

事前に天気や気温をチェックして服を選んでくださいね。

 

靴は、足首まで覆われているトレッキング用の靴を準備。

散策・トレッキングのコースは、登山のように険しいアップダウンのある道を進むわけではないのですが、やはり自然の中を歩いていくので、多少ぬかるんでいるところ、木の根が張っているところがあります

登山客がはくような本格的な登山靴までは必要ないと思いましたが、街中で履くようなスニーカーだとやや注意が必要だと思います!

オススメ持ち物5選!

①リュック

山の中を歩く時は両手をあけておくのが原則!

山中に入っていくと(もちろん)道が舗装されていないので、足場が悪いと転んでしまう危険性もあります。

必ず両手があくスタイルで散策しましょう。

 

②雨合羽

山の天気は変わりやすいので、晴れていても合羽は必須

途中で合羽を着るのが面倒だという人は、最初から防水仕様の登山服などを着用していくのもオススメです!

なお、傘は片手がふさがるのでNGです。

 

③軽食と飲み物

山の奥に入っていくと売店や自販機は一切ありません。

小腹が空いたときに簡単に食べられるものがあると良いです。私はドライフルーツと栄養バーを持参しました。

季節関係なく、歩き続けると汗をかくので飲み物も必須

私が訪れたのは夏場だったのもあり、500mlのスポーツドリンクを1本持参しました。多少重くなりますが、夏場でたくさん水分を取る方は1リットルペットボトルを持って行くのもありだと思います。

 

④虫除けスプレー

虫除けスプレーも必須。トレッキング開始前に、全身にふりかけて虫対策をします。

それでも虫にさされた時用に、塗り薬を持っていると更に安心。

 

⑤クマ対策グッズ

個人的な意見ですが、一人で散策・トレッキングする場合は、音がなるもの(クマよけの鈴やラジオ、笛など)クマ撃退スプレーは持っていった方がいいと思います

 

クマは、基本的に人間を怖がる習性があるので、音がなるもので人間の存在を知らせることが重要です。

クマに遭遇しないようにする

ことが大事なんだね〜!

そうはいっても、音をならしながら散策していても、クマがそれに気づいていない場合、何らかの学習により人間を恐れなくなったクマと遭遇してしまう場合があります。

その際に絶対にやってはいけないと言われているのが「死んだふりをする」こと。この俗説は危険だそうです。

有効とされているのは、慌てず騒がず冷静になり、クマと対峙した状態でゆっくり後ずさりをすること。クマは逃げるものを追う習性があるので、絶対に背中を見せて逃げてはいけないそうです。

そしてクマと遭遇した際に、万が一の時に戦う武器になるのがクマ撃退スプレー

Amazonなどで購入できます!(値段は1万円近くとお高めですが、自分の命を守るものと考えると安く感じるかもしれません)

 

私のようにガイドさんと共に山中に入るときは、ガイドの方がクマ撃退スプレーや鉈(なた)を持っていらっしゃる事が多いので、クマ対策グッズを個人で準備しなくても大丈夫だと思いますが、私は心配性なので一応myクマよけの鈴を持参。実際の写真↓

クマデザインの鈴でクマを撃退!笑  見た目が可愛すぎて、つい購入してしまいました。

白神山地のトイレ事情、クマについて

トイレ事情

山中に入ると、ごくたまに木造の休憩所はありますが、トイレは基本ありません。

1〜2時間トイレに行けないものと思って、あらかじめトレッキング開始地点にある施設などで済ませておきましょう!

クマについて

白神山地はツキノワグマの生息地です。

ツキノワグマはもともと臆病な性格で、人を怖がると言われていますが、食べ物を探しに降りてくることもあるそうです。

(出てこないで!と思うかもしれませんが、もともと森はクマの住みかなので、我々がおじゃましていることを忘れないように)

とはいえ、♪ある〜日、森の中〜、クマさんに〜♪・・・出会いたくないですよね!笑

私が共に行動していたガイドさんに聞いたところ、その方は10年ほど白神山地を散策・登山している中で、過去に2回ほどクマに遭遇したそうです。(意外と少なめ?)

私が散策した日はクマには出会いませんでしたが、散策コース途中の木製の立て看板にクマの爪痕が残っていたり、少し進んだ先にあった大木の側面にもクマの爪痕がありました。はちみつを取るために、木の5mほどの高さまで登った模様です。

クマって本当にはちみつが好物なんだね!

某黄色いキャラクターを思い出したよ(笑)

ちなみにクマに過去2回遭遇したベテランガイドさんは、その時はクマが立ち去るまで、どっしり構えてじっと待っていた、とおっしゃていました。

その方はあっけらかんと、クマに会ったことあるのよね〜♪というテンションでおっしゃっていたので、クマに遭遇してもなんとか対処はできるという見立てかもしれませんが、初心者からすると、やはり怖いので出会いたくないですよね(笑)!!!

 

熟練ガイドの方は、クマが出没しそうな場所をある程度知っていらっしゃるのか、意外と遭遇した回数が少ないですよね。

とはいえ油断は禁物!

特にトレッキング初心者の方は、なるべく2名以上で行動したり、クマ対策グッズを準備して万が一の時に備えるなどして、極力被害に合わないようにしたいですね。

まとめ

  • 虫除けのために夏場でも長袖・長ズボン推奨!念のために虫除けスプレーを全身に振りかけて出発しよう。
  • 散策中は両手が空いていることが原則。リュック・雨合羽を用意しよう。
  • 山中に休憩場やトイレはないので、軽食と飲み物をもって、トイレは施設で済ませておこう。
  • クマ対策として音のなるもの(鈴やラジオ、笛など)とクマ撃退スプレーの持参がオススメ!(ガイドさんがいる場合は不要な場合もありますが、個人的にもっていると安心)

 

以上、白神山地を散策・トレッキングする際の注意点についてまとめてみました!

特に私のように山に慣れていない方の参考に、少しでもなれば嬉しいです。

準備をしっかりして、白神山地の自然を楽しんでくださいね♪

コメント

  1. […] 以前の記事で白神山地トレッキング時の持ち物・注意点についてご紹介しましたが、今回は私が実際に参加してみて、ぜひ他の方にもオススメしたい!と思った「とあるツアープラン」をご紹介したいと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました