新居への入居前にやるべきこと!快適な暮らしのために!!

スポンサーリンク
後悔しない暮らしのために!!家が決まったら入居前にやるべきこと お役立ち情報

人生で誰もが一度は経験する”引っ越し”。

入居してから「あぁ~、あれやっておけば良かった!」と思うこともしばしば。

まぁ知っていても忘れてしまうこともありますが…(笑)

ここでは引っ越しの時に、これを見れば忘れない!という、みなさんのメモ帳のようになればいいなと思います。

スポンサーリンク

入居前の準備

引っ越しする時は荷物を詰めたり、いらないものを捨てたり準備段階がありますよね。

そんな準備段階の時点で用意してほしいのが、”入居前にすること”段ボール(or紙袋)

そこに引き渡しのときにすぐ持っていけるように、やるべきことで必要なものを詰めておいて下さい♪

こうすることで、引っ越し前にバタバタせず、また忘れることもなくなります。

キッチン編

キッチンは入居してから「やっておけば良かった…。」が一番多いところかもしれません。

なぜなら毎日使う所なので、毎日汚れてしまいます。

それを少しでも防ぐために、入居前にしっかり対策しておきましょう!

キッチンは女性は特に綺麗に使いたいですよね~。

 

シンクのコーティング

やはり水回りで一番困るのが”カビ”ですよね…。

見た目も、衛生的にも良くないですし、気づけばカビが…ということも多いです。

それが入居前に水回りのコーティングをしておくだけで、毎日のお掃除が楽になります。

ただ、スプレータイプだと1ヵ月~3ヵ月で、液体ふき取りタイプだと3年の持続力になります。

ですが、お風呂やトイレ、洗面所など水回りに使うことが出来、一つ持っていたら便利です。

カビの発生だけじゃなく、ピカピカにしてくれるので、毎日引っ越し後気持ちよく使うことが出来ますよ♪

レンジフードフィルター

これは引っ越し後でも最悪大丈夫なのですが、レンジフードのフィルターをつけましょう。

揚げ物など油を多く使わなくても、料理をするならこれは必須です。

今は100円ショップの売ってますので、掃除道具などの買い出しのついでに買っておきましょう。

食器棚に滑り止めシート

食器棚が引っ越し後に来る場合などは別なのですが、備え付けの場合やシンク下の収納場所に、滑り止めシートを敷いておきましょう。

食器を置く予定がない所には、害虫除けシートを敷いておくといいと思います。

引っ越し後にバタバタしていて、とりあえず収納しちゃえ!となってしまえば、その後敷くのは面倒くさくなっちゃいますので、ぜひお早めに。

コンロの周りの汚れ防止

コンロの周りに少しだけ隙間があることが多いと思います。

そしてここには意外と汚れが溜まります。

なので、最初にコンロ周りの”隙間ガード”をはめ込んでおきましょう。

またその上からマスキングテープを貼ると尚よしです!!

”隙間ガード”に汚れが付いてしまうと、また買いなおしてはめて…、としなければなりません。

マスキングテープを貼っておくと、貼りなおすだけで良いのでおすすめです!

どちらも100円ショップにありますよ~♪

コンロ排気口ガード

こちらも料理をする方はやっておいた方がいいです。

コンロの奥に排気口がありますが、これを頻繁に洗うのは正直面倒くさいですよね。

そんな人におすすめなのが、排気口ガードです。

商品によっては物置にもなるので、鍋や調味料、カトラリーを置く場所にもできます。

汚れを防止できて、物置としても使えて一石二鳥なので、ぜひ付けておいて下さい!

冷蔵庫下シート

分譲でもう絶対冷蔵庫は動かさない!!という方はいいかもしれませんが、賃貸の方にはぜひやっておいてほしい一つです。

冷蔵庫の跡は意外と付いてしまいます。

賃貸住宅の場合、退去時に冷蔵庫でできた傷の修復費用を請求されることもありますので、手遅れになる前にやっておきましょう。

シートには幾つか種類があり、メリットデメリットがあるので、事前によく調べて、冷蔵庫設置前に敷いておいて下さい。

洗面所・お風呂・トイレ編

キッチンと同じく水回りなので、汚れてしまうと掃除が大変な場所です。

今後の生活をより気持ちよく過ごすために何をすればいいのか。

いくつか挙げておきたいと思います。

水回りの汚れは知らぬ間に…。ホコリも溜まりやすいですよね~。

お風呂の防カビ

⇒ルック お風呂の防カビくん煙剤 せっけんの香り5g(amazonより)

これはぜひお風呂を使う前にやっておいてほしいです。

お風呂の防カビくん煙剤というものが有名かと思いますが、この商品は2カ月に1回の使用でカビがつきにくくなります。

水を入れて浴室を密閉し、90分放置した後30分換気するだけ、というものです。

やるとやらないでは大違いなので、ぜひ継続してやってみて下さい。

浴室ミラーの曇り止め

浴室にミラーがある場合、曇り止めをしておきましょう。

また、ハウスクリーニングが入ってるかとは思いますが、念のため水垢が付いていないか確認し、一度拭いておきましょう。

その後、鏡の曇り止めを塗れば、しばらく曇らず済みます。

換気扇フィルター

浴室やトイレ、洗面所に換気扇がある場合は、ここにも換気扇フィルターを付けておきましょう。

意外とフィルターを付けてみると、汚れが溜まってきます。

換気扇の掃除はなかなかしないと思うので(面倒くさいですよね~。(笑))、衛生的にも付けておくのがベターです。

トイレの隙間埋め

トイレと床の接地面に隙間がある場合があります。

その場合、隙間フィルや固まっても剥がせるパテなどで埋めておきましょう。

ここに隙間がある状態のままだと、臭いがしてきてしまうので要注意。

排水管の隙間埋め

排水管の隙間があることは、賃貸物件であればよくあります。

ほとんどの家は問題ありませんが、排水といえばみんな嫌いなG…ですよね。

念には念をということで、ここにも剥がせるようなパテもしくは紙粘土で埋めておきましょう。

部屋編

部屋編になると基本的なことばかりなのですが、後でやっておけば良かった!と後悔しないためにも書いておきます!

一番過ごす時間が長い場所ですから、念入りに綺麗にしておきましょう!

バルサン

特に女性の一人暮らしの場合、Gは恐ろしくて恐ろしく仕方ないですよね…。

一応、物を入れる前にバルサンを焚いておくと少し安心です。

G以外の虫も寄り付きにくくなるので、ぜひやっておきましょう。

この時に、火災報知機のカバーを付けるのだけはお忘れなく。

掃除機をかける

バルサンを焚いた後なら余計になのですが、掃除機は先に持ち込んでおいて一度しっかりかけておきましょう。

ダニなどよく見ないと分からない虫の死骸がある場合もあるので、ここは念入りに。

その後に拭き掃除をするのもお忘れなく。

この時に、天井もクイックルワイパーなどで一度拭き掃除しておくと、清々しく入居できますよ♪

防虫キャップ

部屋の中ではなくベランダなのですが、エアコンのホースの先に防虫キャップをつけておきましょう。

ここからGが侵入するケースが多いみたいなので、ここは確実にやっておきたいですね!

引っ越した後に設置する場合も、すぐに付けられるように準備しておきましょう。

その他

季節によってプラスしてやっておいた方がいいこともあります。

どうせやるなら引っ越し前にパパっとやっちゃいましょう♪

結露防止シート

お部屋によっては冬に結露しやすいお部屋の場合があります。

冬に引っ越しする場合、住む前から結露してしまってることもあります。

あんまりほったらかしにしていると、あっという間にカビが生えてしまうので、なるべく早く結露シートは張っておいた方がいいと思います。

吊るす虫よけ

冬場は虫があまり出ませんが、夏は虫が気になりますよね。

なので、玄関とベランダには虫よけを吊るしておきましょう。

引っ越した後でも特に問題はありませんが、荷物の出し入れ時に結構玄関が空いたままになってしまうと思います。

その時にもなるべく虫が入るのを防げるように、吊るしておくといいですよね。

まとめ

引っ越してからだと、なかなか手が付けられないところや、物を置いてしまうとやりにくいことが多くあります。

実際に住む前に、入居前の準備を一日かけて新居で行ってみると、住みだしてからが気持ちよく住めます!

そのために、

キッチンでは

  • シンクコーティング
  • 食器棚シート
  • コンロ周り
  • レンジフード
  • 冷蔵庫の下にシート

洗面所・お風呂・トイレでは

  • お風呂の防カビ
  • 浴室ミラーの曇り止め
  • 換気扇フィルター
  • トイレの隙間埋め
  • 排水管の隙間埋め

部屋では

  • バルサン
  • 掃除機
  • 室外機の防虫キャップ

その他

  • 冬には結露防止シート、夏には吊るす虫よけ

これだけはやっておきたいですね!

せっかくの新居での生活、気持ちよく過ごせるようなサポートができたでしょうか。

全部はすぐにやってて良かった!とは思えないかもしれませんが、本当に少し経った後にやってて良かったと思うことばかりです。

少し入居前に手間はありますが、一日しっかりやれば出来ますので、ぜひ頑張ってみて下さい♪

みなさんが素敵なお部屋で、良い毎日が過ごせますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました