意外と楽!オートファジーが発動する『16時間断食』やってみた‼︎

子育てと美容

年々自分の健康状態が気になってくるもの。
できるものならば老いたくない。

身も心も長く健康に生きていたいなぁと思います。

とはいえ、あまりお金をかけたくない…

かつ、無理もできるだけしたくない…

でも何か策を講じなければ老いない体にはならないってことは分かってる!

年々こういう気持ちが増している方も、多いんじゃないかと思います。

わたしもその1人でした。

ある日、出会った健康法『16時間断食』

始めは『無理!』と思いつつも、1カ月続けてみたら…

  • 肌の調子がいい
  • 朝起きた時から身体が楽
  • 体重も緩やかに落ちていく
  • 集中力が増した気がする

こんな効果があったので驚きました。

慣れたら、とにかく楽でノーストレス!

なんと、たった1つのルールを守るだけで老いない体を手に入れることができるのです!

そしてわかりやすく元気になっていく実感がある!

そんな、巷で噂の『オートファジー健康法』を1カ月続けてみた経過を紹介します。

オートファジー健康法を知るきっかけ

産後、こんな悩みがつきませんでした。

とにかく疲れる・体重が落ちにくい・肌質が落ちた気がする・時間がない。

育児・家事の間にこんなことばかり考えていました。
かといって時間がないことを理由に、何もせずにただ悶々と変わらない日々を過ごしていました。

そんなときに『中田敦彦のYouTube大学』というyoutubeチャンネルで『空腹こそ最強のクスリ』という書籍の紹介動画をみてこの健康法を知ったのでした。

【空腹こそ最強のクスリ①】一日3食は間違いだった?無理なく痩せる食事法(Fasting Is the Best Medicine)

この本をあっちゃんが読んで解説してくれている動画が、めちゃくちゃ分かりやすい!!

これを見て、やはりずっと健康に元気に過ごしていきたいねってことで夫婦で始めました。

オートファジーって簡単に言うと何?

詳しいメカニズムは置いといて、簡単に言うと

オートファジー=自食作用 

古いタンパク質を食べて新しいタンパク質を生み出すこと。

 

体内でリサイクルが行われているということね!

リサイクルは環境に優しいといわれているのと同じで、体にも優しい作用なのです。

  • 体内が掃除されてクリーンになる
  • 新しいタンパク質が体内からでてくる

一石二鳥な優れたこの作用は人類みんな持ち合わせている機能なのです。

2016年に、東京工業大学の教授がこの仕組みを解明してノーベル医学生理学賞を受賞していてます。

これは近年発見された人間の驚くべき能力なのですね~

空腹時間がないと発動しないオートファジー

しかし、この素晴らしい機能をほとんどの人が利用できてないのです!!

その元凶はずばり

1日3食の習慣!

なんとオートファジーが発動するには16時間の空腹時間が必要なのです。

1日3食食べていたら絶対に無理ですね、、、

そもそも1日3食は完全にカロリーオーバーであり、体の消化機能が全然休めていないのです!

体内の分解を担う器官が、休みなしのブラックバイト状態

 中田敦彦のYouTube大学の動画より引用

この結果、加齢とともに壊れやすくなって大きな病気や生活習慣病につながる。

現代の一般的な生活習慣ではオートファジーが発動する以前の問題ですね。。。

必要なのは16時間の空腹時間だけ

オートファジーを発動させるための条件はたったひとつ

・16時間の空腹時間を作ること

16時間断食と聞くと、「無理!」となりますが

睡眠時間も含めて16時間となればどうでしょう?

朝と夜を数時間ずつ空腹時間作るだけならできるかも!

そして残りの8時間はなにを食べてもいいのです!

実は時間外にこれならたべてもいい!

断食中も完全絶食が難しければ、摂取していいものも少しだけあります!

これは嬉しい。

素焼きのナッツ(無塩)

ナッツに含む良質な脂肪分である不飽脂肪酸オートファジーを活性化させるとか。

ナッツならいつ何時でも食べていいということでネットで即買いしました。

塩気や味のついているものはNGなのでご注意ください。

ノーカロリーのコーヒーや水など

コーヒーや水などはOK!炭酸水もいいかも。

糖分などが入ってないものならよさそうなので青汁とか酵素とかもいいみたいです!

とはいえ摂取しすぎは禁物

基本的には、「消化器官を休める」のが目的なので、とりすぎは禁物だとか。

そりゃそうですよね(笑)

16時間断食、実際にやってみた

我が家の16時間断食のタイムスケジュール

・食べていい時間は12時から20時の計8時間

・空腹時間4時間+睡眠7時間+空腹時間5時間で16時間断食

朝は育児や家事をしているとあっという間に時間が過ぎ、気づけばお昼。

主婦にとっては朝抜くのは意外と楽なことなのかも。

夕飯を20時までに終えて、日の変わる24時頃に就寝。朝を抜く以外は割と普通の生活なのではないかと。

実際の食べ物

ダイエットではないので、なんでもバランスよく食べればいいとのこと。

量も減らさず、適度に揚げ物もアイスやお菓子もお酒も飲みます!

ルールは1つ、‟16時間空腹を保つ”なので8時間の間に食べたいものを食べるだけ

始めて1週間で出てきた効果

  • 空腹時間が気にならなくなってきた
  • 朝食で朝バタバタすることがなくなった
  • 間食で食べていたナッツも食べなくなった
  • 昼と夜の2食の栄養を大事に考えるようになった
  • 身体が楽!
  • 肌が調子いい
  • 体重が減る

効果が盛りだくさんです!

この効果の速さと、「意外とできるぞ」って感覚が何となく自分の自信につながるのか、とても楽に続けられるのです!

まとめ

  • オートファジーとは体内の古いタンパク質から新しいタンパク質を生み出す自食作用のこと
  • オートファジーの発動はたった1つだけのルールで、16時間以上の空腹時間が必要
  • 楽に取り入れることができ、ストレスが少なくて続けやすい
  • 1カ月続けると体重減少、肌改善などの体調がよくなる効果が見られた

1カ月経過した今、体調ががよくなりこれからも続けていきたい健康法だと感じています。

オートファジーを知って「1日3食は食べすぎ」という考え方を持てるようになった今、安心して朝ごはんを抜けます!

忙しい人・主婦や生活習慣を少し見直して健康になりたい人は、続けやすい健康法でオススメです。

こんな時代だからこそ、健康な身体は維持していきたいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました