信楽焼の名入れ陶兜で初節句を祝おう!世界に1つ!収納性も満点!!

陶兜アイキャッチ 子育てと美容

5月5日は端午の節句!!初節句を迎えるお子様へ兜飾りをお探しの方も多いのではないでしょうか?

  • 大切な我が子に特別な兜を
  • 人とはちょっと違ったものにしたい
  • 収納や飾るスペースは大きく取れない

1つでも当てはまったそこのあなたに!ぴったりの兜があるんです!それは・・・
信楽焼明山窯のいわい陶兜。陶器で出来た兜です。

孫に贈る兜を探しているんだけど、陶器の兜?

何だか想像がつかないな。

陶器独特の温かみと風格ある佇まいで、とても素敵な兜なんですよ。

詳しく紹介していきますね♪

端午の節句に兜を飾るのはなぜ?

そもそも、なぜ兜を端午の節句に飾るのでしょうか?

兜は武士が自身の身を護るために着ける道具ですね。

それを飾ることで、男児を病気や事故といった災いから守り、健やかに育ってくれるようにという願いを込めて飾ります。

誰が買うの?

以前は母方の祖父母が贈ることが多かったようですが、地域や家系の風習によって違う場合もあります。

父方の祖父母、母方の祖父母、ご両親、誰が買ってもお子様の幸せを願う気持ちを込められることに変わりはないのではないでしょうか。

大切なことは、後々揉め事に発展しないよう、相談して決めるようにしましょう。

いわい陶兜の魅力

それではいわい陶兜を紹介していきましょう!

兜正面

いわい陶兜は派手ではありませんが、陶器独特の温もりが感じられる兜となっています。

一方でその佇まいは、凛とした雰囲気があります。

その2つの局面が、いわい陶兜の魅力となっています。

兜の周りだけ空気が違うように感じるね!

それなのに『前から家にあったような、懐かしい温もり』が感じられるので不思議です。

オーダーメイドで世界に1つだけの兜を

オプションにはなりますが、兜の前立てに家紋、もしくは、名前の漢字一文字を刻む「一字紋」を、兜の後頭部に名前と生年月日を浮彫りで入れることができます。

更に名入れの立て札を付けることもできます。

世界に1つ、お子様だけの兜になりますね。

名入れ

写真のものは、兜を置く台も白木台から黒台に変更しています。

いわい陶兜のサイズと収納

いわい陶兜は、7号、5号、3号の3サイズ展開されています。

私が持っているものは7号サイズですが、それでもカウンターや玄関収納の上に飾ることのできる大きさです。

一番小さい3号サイズの兜はなんと手のひらサイズ!飾るスペースや収納場所に困っている方にも嬉しいですね。

サイズ比較

下のお子様のご予定がある場合は、小さいサイズにしておき、兄弟分並べて・・・という可能性を考えておくのもいいね!

収納について嬉しいポイントがもう1つ!

兜を飾る台も畳も、すべて届いた時の箱1つにまとめて収納することが出来ます

一番大きい7号サイズでも女性が1人で持てる大きさ。毎年の出し入れに困る心配もありません。

収納箱

最初に開ける際、箱に収まっている写真を残しておくと、元通りきれいに片付けることができますよ!

詳しいサイズや価格はいわい陶兜の各商品ページで確認してくださいね。

収納の際、房にはサランラップを巻いておくのがおススメです。房がモサモサになるのを防ぐことが出来ます。この方法は念珠等にも使えますので、覚えておくと便利です。
房にはサランラップ

注文の締切日を要チェック!

5月5日までに届くようにしたい場合は、注文締切日に注意しましょう。

2021年の締切日は下記の通りです。

【オーダーなしの場合】4月28日午前9時まで
【名入れ立札を注文する場合】4月25日午前9時まで
【家紋・一字紋・浮彫り名入れを注文する場合】4月4日午前9時まで

明山窯の直営店「Ogama」

いわい陶兜の実物を見てみたい!そんな方は直営店のOgama(おおがま)で見ることができます。

【所在地】〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野947

【電話番号】0748-82-8077

【営業時間】10:00~16:30

【定休日】水曜日・木曜日

【明山公式HP】https://www.meizan.co.jp/

いわい陶兜だけでなく、他の焼き物も置いてあります。登り窯を散策することもできますよ!

行ってみたいけど遠いし、難しいなぁ。

そんな方は商品カタログを取り寄せたり、いわい陶兜の各商品ページから各商品ページで360°VIEWを見ることも可能です。

信楽焼ってどこで作られている?

信楽焼日本六古窯のひとつ滋賀県(琵琶湖がある県ですよ!)甲賀市にある信楽町を中心に作られています。

信楽といえば、2019年より放送されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となっていましたので、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

街中には陶器のお店がたくさん!駅前には大きな狸もいますよ~

実際に手に取った感想

購入した7号サイズのいわい陶兜の箱を最初に開けたとき、正直「小さすぎたかな?」と思いました。

しかし、1シーズン飾り→収納して→翌年飾り・・・と、時間が経過していくうちに丁度良い!と思うようになりました。

兜はその年だけ飾るものではなく、お子様の成長と共に何年も飾り続けていくものです。

長く愛着を持って飾っていくためにも、住環境に合わせて、最適な兜を見つけてくださいね。

 

また、兜といえばケースに入っているものも多いと思います。

いわい陶兜はケースに入っていないため、子供が実際に被っている姿を想像することができました。

7号サイズの兜は0歳の赤ちゃんがちょうど被れるような大きさ。

年を重ねるごとに兜と子供の大きさに差が生まれ、成長を感じることができます。

『子供の健やかな成長を祝う』

まさにそんな行事になっています。

デメリットを教育の材料に

魅力的な兜ということはわかったけれど、陶器だし割れやすいんじゃ・・・?

確かに陶器は割れやすいです。しかし、他の兜でも衝撃を加えれば装飾が取れたり、破損するところは同じではないでしょうか。

何より、大人が大切に扱う姿を見て『特別なものである』ことをお子様が感じ取ってくれたら嬉しいですね。

万が一壊れてしまった時には、大切にしないと壊れてしまうことを伝える良い教育機会になるのではないでしょうか。

物が溢れる現代にこそ、陶器の脆さが伝えてくれることがあると感じています。

まとめ

滋賀・信楽焼の明山窯のいわい陶兜は・・・

  • 陶器の温もりと凛とした佇まいで初節句のお祝いにぴったり!
  • 家紋、名前、生年月日を入れてオーダーメイドできる。
  • 長く愛着を持って飾っていくために、住環境に無理のないサイズを選ぼう。
  • 5月5日までに欲しい場合は、申込締切日を要チェック
  • 割れるものだからこそ、大切にする心を伝えられる。

皆さんもお子様の健やかな成長を願って、明山窯のいわい陶兜で初節句をお祝いしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました