千葉県に集まる日本屈指ここだけの実力派人気テーマパーク5選!

スポンサーリンク
関東エリア

『日本で一番テーマパークが充実したところ』、といっても過言ではない千葉県

千葉県内には魅力的なテーマパークが大集結しています。

友達同士でも、デートや、家族連れでも楽しめる。

そんな千葉に集結している、テーマパークを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

言わずと知れた!ディズニーランド・ディズニーシー

千葉にあるテーマパークと言われて真っ先に思いつくのは、ディズニーリゾートじゃないでしょうか?

コロナの影響で一時期営業を停止していましたが、現在はチケットは日付指定のみにしての再開がされています。

先日行ってきたシーも、日付指定で来場者数を制限していたとはいえ、平日でしたが多くの人で賑わっていました。

日付指定チケットは購入してから1年間、空きがあれば他の日に振替も可能です。

指定日を過ぎてしまっても振替は可能なので、急な緊急事態発生でもチケットを無駄にすることなく安心して購入できます。

こういうところに夢の国の寛大さを感じてしまいました。

舞浜駅についた途端にもう夢の国

今はファストパスの運用をなくしていてソーシャルディスタンスを保ちながら並びますが、以前に比べると90分以上も待つといったアトラクションは少ないように思います。

パレードも少なくなってちょっと寂しいけど、

花火を見ると来てよかったと実感します。

丸一日楽しめるディズニーですが、夜の見どころは20時からの花火。

ディズニー音楽とともに打ち上げられる花火は何度見ても感動します。

ディズニーでの夢のような一日を締めくくる大事な花火だなと思います。

USJを抜いた?口コミ大人気のテーマパーク船橋アンデルセン公園

次に紹介するのが、船橋アンデルセン公園です。

2015年に世界最大級のお出かけ系の口コミサイト「トリップアドバイザー」で、ユニバーサルスタジオジャパンを抜いて国内第3位になったという、なかなか凄いテーマパークなのです。

ちなみにその時の1位2位はディズニーランドとディズニーシーだったので、千葉県だけで日本のTOP3を占める結果でした。

世界中の口コミの評価を元に舌ランキングで、アジアでも10位というすごい快挙です。

その大躍進を成し遂げた公園づくりはTV番組の「カンブリア宮殿」でも取り上げられたほど。

アンデルセン公園の見どころは

  • 子供たちも楽しめるアスレチック
  • 公園全体が絵本の世界
  • 公園の風車を眺めてピクニック
  • 咲き乱れる季節の花々

童話作家アンデルセンの故郷をモチーフに4つのエリアで区切られた大きな公園で、童話に詳しくなくても「知ってる!」と思うような作品たちが出迎えてくれます。

大人も童心に帰ったようにワクワク♪

子どもたちも楽しめる自然がいっぱい!

すべり台、水遊び、動物ふれあい、ミニ遊園地

その周りをフィールドアスレチックで取り囲んだ作り。

長時間アトラクションに並ぶ必要もないので、家族連れにはぴったりな公園だと思います。

アスレチックでは汗いっぱいかくから、お子さんの着替えを持っていくことをオススメします。

元関東3大イルミスポット!昼間も十分楽しめる東京ドイツ村

ドイツ村は東京ドーム19個分ほどの広大な敷地に、北欧風の建物、花畑や芝生の美しい風景の広がるテーマパークです。

イルミネーションでも有名ですが、昼間に来ても十分楽しめるところなんです。

どの季節に来ても満開の花畑が楽しめます。

観覧車などの乗り物に乗ったり、のんびり芝生で過ごしたり。

ドイツビールにフランクフルト、BBQなども楽しめる多機能テーマパークです。

入園料も大人800円、小学生まで400円、3歳以下無料でとってもリーズナブル

入園料はお手頃だけど、

食べ物はちょっとお高めです。

アトラクションやイベントは別料金になります。

ここは徒歩での入場はもちろんですが、車で入場してそのまま広い敷地を車でめぐれるので、車で行くのもおすすめです。

「海ほたる」も遠くないので、ドライブデートにもピッタリだろうなと思います。

車がなくても、バスツアーもたくさん組まれているのでそちらで観光することも可能です♪

ドイツ村のイルミネーションは2018年まで「関東3大イルミネーション」と認定されていましたが、現在は残念ながら落選してしまいました。

ちなみに今の関東三大イルミネーションは
足利フラワーパーク」、「江ノ島湘南の宝石」、「相模湖イルミリオン」の3つです。

しかし落選したとはいえ、ドイツ村はその広大な敷地に、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような圧巻のイルミネーションは一見の価値アリです。

今年も大勢の人が集まって夜は大混雑しています。

イルミの時期は本当に寒いから防寒対策は必至

でも幻想的なイルミネーションを見ていると、不思議と寒さをわすれてしまうね

イルミ以外にも季節に応じたイベントもたくさんあり、その中でも人気なのは「スカイランタン」の打ち上げで、まるでラプンツェルの世界に迷い込んだような幻想的な世界が味わえます。

日本に2つしかないシャチのいる水族館の1つ、鴨川シーワールド

シャチがいるのは日本に鴨川シーワールドと名古屋港水族館の2つしかないのです。

そして、シャチのショーが見られるのは日本でここだけ

目の前で迫力のあるシャチのパワーが感じられるのが魅力です。

シャチのショーは前の方の席だと絶対濡ちゃうので注意

イルカのショーも有名です。

イルカの跳躍力に感動!

そんな鴨川シーワールドで一番おすすめなのが、

日本で唯一の、シャチや魚たちを見ながら食事ができるレストランです。

ゆったりと泳ぐ魚を眺めて食べる優雅なごはんタイムは、

格別のリラックスタイムになります。

牧場ならではのグルメスポット!マザー牧場

動物とのふれあいや、体験など充実していて、世界中の羊が集まる羊ショーで有名なマザー牧場ですが、そのほかにも、

花畑や富士山を眺める壮大な景色、ナイト遊園地や冬のイルミネーションも楽しめるスポットで、バンジージャンプもできたり、コテージでの宿泊も可能。

お子さん連れも、カップルも楽しめますが、ワンちゃんと一緒に観光することもできます(飲食施設等一部エリアを除く)。

そんなマザー牧場ですが、グルメスポットとしても充実しています。

季節に応じた果物狩もでき

果物狩
1月〜5月頃:いちご狩り
7月=8月頃:ブルーベリー
9月〜10月頃:さつまいも
11月頃:キウイフルーツ
12月〜5月:フルーツトマト

新鮮なソフトクリーム、ジンギスカン、ハムやソーセージなど。

イートインだけでなく、お土産コーナーにもたくさん美味しいものが揃っています

人気のジンギスカンなどの食べ放題は通常2,500円なのですが、

イルミネーションの時期だけ16時からの入園で、入園料+食べ放題で2,500円という、

食べ放題の価格だけで、入園とイルミまで楽しめるお得なセットもあります。

まとめ

  • ディズニーランド、ディズニーシー
  • 船橋アンデスセン公園
  • 東京ドイツ村
  • 鴨川シーワールド
  • マザー牧場

今回は千葉にたくさんある日本を代表するテーマパークを紹介してみました。

関東に住む人にも、遠方からの旅行スポットとしてもとてもおすすめです。

千葉県にはテーマパークの他にも、いちご狩りや温泉など、わくわく楽しいスポットから癒やしスポットまでたくさんあるので、テーマパークを訪れる際に一緒にめぐる計画を立ててみても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました