妊娠線予防クリームはプチプラでも効果ある?予防ケアはいつから?

子育てと美容

嬉しい妊娠!我が子を授かるって幸せな気持ちでいっぱいになりますよね!

ですが、妊娠生活は悪阻など色々なトラブルも多いです。

その中でも産後も関係してくる妊娠線に悩まされるママも多いようです。

予防って本当に効果あるのかな?

妊娠線予防にどんなケアをしたらいいんだろう?

そもそもなんで妊娠線はできるの?

という方に、妊娠線の原因や妊娠線予防ができるプチプラ商品の紹介をしていきます!

妊娠線とは

妊娠線は、妊娠により胸・お腹・お尻・太ももなどが大きくなることによってできる赤紫色の線で、「ストレッチマーク」と呼ばれています。

最初は赤い筋で結構目立ちます・・・(T_T)

時間が経つと白い線になって赤いときよりも目立たなくなりますよ!

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因として、考えられる原因についてご紹介していきます!

「急激な体型の変化」

妊娠線は妊娠したことにより起こる急激な体重や体型の変化によって起きます。

妊娠中は赤ちゃんがいるお腹はもちろん、お尻や太ももや胸にも脂肪がつきやすく、脂肪により皮膚が伸びることで妊娠線ができます。

「ステロイドホルモンの影響」

妊娠線の原因の2つ目はホルモンの影響です。

妊娠することによってコルチコステロイドが増加することで、コラーゲンが減少してしまいます。

減少すると、肌のターンオーバーがうまくいかない、肌の弾力が失われ、妊娠線を引き起こすと言われています。

妊娠線は初産の半数以上の方ができると言われています。

結構な確率でできているんだ・・・

妊娠線予防ケアはいつから?

妊娠線・・・できれば作りたくないですよね。

妊娠線の予防方法としては、クリームやオイルを使ってしっかりと肌を保湿することです!

妊娠線の予防ケアは早めの「3〜4ヶ月頃がおすすめ!」なんです。

お腹が大きくなるのは大体が妊娠7〜8ヶ月頃ですが、大きくなる前にしっかりと保湿してあげることが大切です!

ですが、つわりがしんどい方は無理をせずに、つわりが落ち着いてからケアしていきましょうね。

おすすめの妊娠線予防ケア用品は「ニベア×ベビーオイル」

妊娠線予防クリームってたくさんの種類がありますよね。

「どれを使っていいかわからない・・・」と言う方も多いはずです。

私自身妊娠線予防クリーム迷子で、プチプラの商品から有名どころを試しました。

ですが、

「絶対に妊娠線を作りたくない!」

「1日に何度も塗り直して常に保湿状態を保ちたい!」

そんな私には「ニベア×ベビーオイル」の組み合わせが最強でした。

ニベアクリームは、ワセリンやホホバオイルなど保湿効果が高くなおかつ、妊娠中にも安心して使用できる成分で作られています。
強い匂いもないので、匂いに敏感な妊婦さんでも使いやすいです。

ニベアクリームは少し硬めのテクスチャーなので、私はベビーオイルと一緒に使用していました。

使い方

お風呂上がり水分が残った状態で、ベビーオイルを手に取り体に伸ばします。

その後タオルで水分を拭き取ります。

ニベアを適量とり手で温め柔らかくしてから、妊娠線の出来やすい 胸・お腹・お尻・太ももに塗って完了です!

それでも「硬くて塗りにくい!」という方は、ニベアにベビーオイルを少し混ぜてもOK!

何度も塗るものだからプチプラの方が使いやすいですよね♪

ちなみに私はこの方法でお腹や胸には妊娠線できませんでした!

‥‥が、ノーマークで予防していなかったお尻にできちゃいました(汗)

うう、悔しい!!!!!!!!!

二の腕にできたりもするみたいなので、できるなら全身に塗るのがおすすめ!

また少しコスパは下がってしまいますが、時間がないときやいい香りに癒されたい!というときは、「レイヴィーボディローションゴートミルク&ミルクプロテイン」を使っていました。

こちらはミルクプロテインの保湿ベールでお肌の水分を守ってくれるだけでなく、配合されているカカオバターが肌の表面を柔らかくしてくれるので、もちもちな肌になれます。

そしてとっても優しいいい匂いでリラックスできますよ♪

必要なのはしっかり保湿することです!

1日に数回塗り直して肌を常に保湿しましょう♪

妊娠線予防のために生活で気をつけること

できるなら妊娠線を作りたくない・・・という方も多いはずです。

普段の生活のなかで予防できる方法もお伝えします♪

体重管理

急激に体重が増えることでできる妊娠線なので、しっかりと体重管理することでゆっくりと体重が増え皮膚への影響も少なくなります。

適度な運動

妊娠中はお腹も重くどうしても運動不足になりがちです。
お産のためにも体力は必要になってくるので、体調が良く天気のいい日にはお散歩などがおすすめです。
体を動かすことで、体重管理にもつながり、結果として妊娠線予防にもなりますよ!

妊娠線は完全には消えない

妊娠線ですが、一度できてしまうと落ち着いたら白く目立たなくはなりますが、完全には消えません。
妊娠線を目立たなくレーザー治療なども今はあるようなので気になる方は一度相談してみてもいいかもしれません。

お腹やお尻、脚などの肉割れケアにはプレマームボディクリーム

まとめ

  • 妊娠線の原因は「急激な体型の変化」「ホルモンの影響」が考えられる。
  • 妊娠線予防対策は、早めの「妊娠3〜4ヶ月頃」から始める。
  • 妊娠線予防クリームのおすすめは「ニベア×ベビーオイル」
  • 妊娠線予防のために「体重管理」「適度な運動」を意識する
  • 妊娠線は一度できると完全には消えない

ですが、妊娠線予防をどれだけ意識してもできてしまうことがあります。

子どもを産んだ証なので、そんなに気にすることはありません。
私自身ガッツリとできてしまいましたが、母親の勲章としていい思い出になると思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました